資源の無限のループを形成し、資源循環型社会の構築に貢献。使用済の蛍光管を分別・破砕した後,ガラス,金属,水銀等に分け再資源化を図るとともに,リサイクル蛍光管の原料として供給します。


このページを楽しむためには,Shockwave Flash プラグインが必要です。
表示されないときは,こちらをクリック。